HIダイナミック制震工法

これからの家は「制震の家」が基本。大きな地震の確かな備えは、これからの「家づくりの当たり前」です。

近い将来必ずくるといわれている南海大地震。あなたはどのような対策をしていますか?

私たちの住む高知県は、来る南海大地震により、甚大な被害が予測されています。そして1995年に起きた阪神大震災、2011年に起きた東日本大震災でも、建物の倒壊により、多くの命が失われました。

これからの住宅は「制震」が当たり前です。どんなに大きな地震がきても、家の被害を最小限に抑え、住む人の尊い命を守ることができます。

大きな地震が来ても、建物の倒壊を防ぐことで尊い命を守ることができます。

阪神・淡路大震災では、死亡原因の8割が建物の倒壊でした。

阪神淡路大震災では、約6,400人もの尊い命が失われました。

その死亡原因の8割が建物の倒壊によるものです。

特に昭和56年の耐震基準強化以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に大きな被害が出ており、古くなれば古くなるほど被害率が高くなっています。

つまり自身で亡くなる人の数を減らすためには、弱い建物や施設の耐震補強を行うことが重要なのです。

阪神・淡路大震災クラスの揺れを、約70%抑える高い制震効果を発揮します

延べ床面積12坪(40㎡)の総2階建の実験体で建物仕様は耐震等級Ⅲを想定して実験を行いました。

阪神・淡路大震災と同じ最大加速度818galを水平一方向のみに揺らした結果、構造用合板4枚と「Hiダイナミック制震工法」2ヶ所で補強したものは「Hiダイナミック制震工法」が揺れを吸収し、合板の釘抜け等を防ぐことができました。

構造用合板のみの試験体の方は、すぐに合板の釘が抜けてしまい、余震が来た場合、構造用合板としての役目を果たせません。

一方、「Hiダイナミック制震工法」を装着した家屋には躯体損傷は見受けられず、引き続き使用可能な状態でした。

揺れを吸収して強い家に!

「Hiダイナミック制震工法」は、高層ビルなどで使用されているオイルダンパによる地震対策技術を日本で初めて戸建て住宅に適用した安価な工法です。

よくあるご質問

Q1.住宅用制震装置「Hiダイナミック制震工法」とはどんなものですか?

「Hiダイナミック制震工法」はオイルダンパの構造原理を踏襲していますが、その構造原理はまさに水鉄砲が水を発射する仕組みそのものなのです。

水鉄砲をゆっくり押すとあまり抵抗なく水が発射されますが、速く押せば押すほど、また水の出る孔が小さければ小さいほど抵抗を強く感じます。

「Hiダイナミック制震工法」では、水に代わるオイルがピストンの小孔(オリフィス)を通過するときの抵抗力が「減衰力」となるというわけです。

自身で家屋が左右動しようとするエネルギーを減衰力により吸収して家屋の揺れを抑え、地震による被害を最小限に抑えることができます。

Q2.なぜ「Hiダイナミック制震工法」をつけると、家屋の揺れが止まるのですか?

「Hiダイナミック制震工法」は、地震で家屋が左右動しようとする力に対し、抵抗力(ねばる力)を発生させます。

そのため家屋の揺れが止まるのです。

つまり、地震で家屋が左右動しようとするエネルギーを減衰力により吸収するから家屋の揺れを抑えることができ、地震による被害を最小限に抑えることができるわけです。

この現象を力学的に説明すると、運動エネルギーを熱エネルギーに変換することに相当します。

Q3.「Hiダイナミック制震工法」の耐用年数は?メンテナンスは必要ですか?

耐用年数は60年で、メンテナンスフリーです。

Q4.錆び、油漏れは大丈夫ですか?

「Hiダイナミック制震工法」は、60年間の耐用年数を満足するように使用材料に選定・設計がなされているので、錆びや油漏れの心配はありません。

Q5.誰でも施工できるのですか?

耐震改修での「Hiダイナミック制震工法」は、施工技術研修修了者でないと施工できません。

詳しくは「高知県木協建材協同組合」088-847-4156までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから